基礎工事

高気密・高断熱の必要性

photo

2020年の省エネ基準に向けて

政府の方針によって住宅やビルなどのあらゆる建物は、2020年までに次世代の省エネ基準に適合させるよう義務付けられています。茨城県水戸市のシュウトクは、この2020年の省エネ義務化にいち早く着目、省エネ性の高い高気密・高断熱の住宅に力を入れています。ご検討のお客様はお気軽に、弊社までお問い合わせください。

タイトモールド工法の利点

タイトモールド工法とは

タイトモールド工法とは、断熱材を型枠に用いた基礎工法のことで、基礎工事と同時に断熱処理をおこなうことができます。防蟻処理も施されているなど、従来は同時にクリアすることが困難であったさまざまな問題を、一挙にクリアできる理想の工法です。そのため施工にかかる費用も抑えることができ、夏は涼しく冬は温かい省エネ性、高い耐久性と非常に多くのメリットを持っています。タイトモールド工法に関するお問い合わせは、お気軽にシュウトクまでご連絡いただければ幸いです。

  • 安い

    photo

    これまでの工法では、それぞれに施工が必要であった外側基礎断熱、防蟻処理、コンクリート1回打ちの作業ですが、タイトモールドなら施工の手間を大きく軽減させることが可能です。
    結果工期の短縮にもつながりますので、トータルコストを抑えられます。

  • 強い

    photo

    タイトモールド工法の特徴のひとつが、その高い強度です。耐圧盤と立ち上がり部の打設を1度でおこなうため、打ち継ぎ目が発生せず、ひび割れや雨水等の侵入を防ぐことができます。
    また、厳重な二重の防蟻処理によって白アリもシャットアウトします。

  • 快適

    photo

    外側基礎断熱を採用したタイトモールドの住宅は、床下も断熱材で覆われており、夏は涼しく冬は温かいという理想の環境を実現します。型枠断熱材には人体には無害なホウ酸が練り込まれている他、アルミ製の笠木を被せてあるため、白アリの侵入も許しません。

ベタ基礎とタイトモールド工法の違い

photo

ローコスト・高強度のタイトモールド工法

従来のベタ基礎はコンクリート打設を2回打ちで施工する必要がありました。それに対しタイトモールド工法は1回打ちで済むため、継ぎ目のない高強度の基礎を作ることが可能です。
また、コンクリート1回打ちでの施工によって作業の軽減や工期の短縮につながり、安いコストでの工事がおこなえます。
安い・強い・快適のタイトモールド工法をぜひご検討ください。

インスペクション(住宅診断)とは?

photo

第三者の立場で住宅診断を行ないます

近年注目されているインスぺクション(住宅診断)は、中古住宅売買において直接やりとりを行なうお客様や不動産業者とは別の、第三者の立場で住宅診断をおこなう取り組みです。 住宅のことに精通した専門家が住まいの劣化、欠陥、改修点などを調査し、改修にどれぐらいの時間が掛かるのか、費用はどれぐらいかかるのかをアドバイスします。

インスペクションと瑕疵保険の必要性

新築住宅は法律によって、重要な欠陥は引き渡しから10年間は売主である不動産会社や工務店に改修の義務がありますが、中古住戸住宅の購入やリフォームにおいてはその義務はないことからトラブルの原因となっていました。 そこで登場したのが任意瑕疵保険・既存住宅売買瑕疵保険です。法人を通しての売買か個人での売買かは異なりますがおおよそ2年~5年の保証期間を中古住宅に付けられるもので、その保険に加入する際の検査もシュウトクは行なっています。

業者の選び方

Point1.実績がある業者か

中古住宅は建築工法はもちろん、立地や劣化具合などもバラバラですので診断を行なう者には相応の技術や経験が求められます。インスぺクションの資格を持っているからといって安心せず、今までどれぐらいの住宅診断を行なってきたかどうかを率直に聞いてみましょう。

Point2.対応はどうか

お客様はもちろん、不動産仲介業者の方や売主様ともやりとりを行なうことになります。売買を円滑かつ気持ちよく進めるためにも、コミュニケーションや快く対応してくれるかは大きなポイントですので、高圧的だったり、高慢な態度で接してくるような会社は避けた方がよいでしょう。

Point3.説明はわかりやすいか

どんなに高度な調査・診断をしてもお客様が理解できなければ意味はありません。改修しなければならない部分が見つかったとき、専門用語などを多用せず、しっかりと説明を行なってくれる業者を選びましょう。

Point4.瑕疵保険はインスぺクションではありません

瑕疵保険に加入する際にも住宅調査を行ないますが、これは保険に加入するためのものですので、インスぺクションとは異なります。アドバイスなどはしてもらえませんので、保険に加入しているから安心というわけではありません。

Point5.本当に第三者の業者か

リフォーム業者や不動産会社自ら行なう場合や、インスぺクション業者を紹介してもらった際は注意が必要な場合があります。癒着などがあったりすると、瑕疵を発見しても報告しないといったことがありますので大切なことは利害関係のないインスぺクション業者に依頼することです。

Point6.安すぎる料金に疑問を持つ

インスぺクションの料金はある程度相場が決まっていますので、無料で行なうと謳っていたり、安すぎる料金設定の場合はどこかで利益が発生していることもあります。相場の料金設定を行なっていることが信頼性の1つの目安になります。

住宅診断ダウンロード

住宅診断ttlダウンロード